・月次支援金 登録確認機関に登録しています(事前確認につきましては、有償になることをご承知おきください)
・YouTubeで相続落語を公開中! 鈴木尚剛税理士事務所 YouTubeチャンネルはこちら!
扶養控除等申告書の書き方は去年と同じで大丈夫?記載前にチェックしたいこと

扶養控除等申告書の書き方は去年と同じで大丈夫?記載前にチェックしたいこと

年末調整の季節になってきました。
従業員にとっての年末調整とは、払いすぎた税金が戻るだけなのですが、「ちょっとしたお小遣いがもらえたような、少しうれしい機会」で、経理にとっての年末調整とは、「なかなか資料が提出されず気をもみ、提出されると即座に年間の所得税の計算・返金及び源泉徴収票の交付までを行う、年末年始の慌ただしい作業」ではないでしょうか。

扶養控除等申告書の記載は去年と同じで大丈夫?

毎年のことで従業員も慣れているでしょうが、今年になって代わった(異動が生じた)事項があるかもしれません。
年初に記入してもらった「令和4年分の扶養控除等申告書」の記載内容を、年末調整計算する際は、改めて各人に確認してもらってください。

これを怠って、安易に「去年と一緒」などとして計算してはいけません。
「実は扶養としていた子供が4月に就職していて、扶養から外れるべきであった」このようなことがあると、翌年の秋ごろに税務署から「是正してください」と連絡をもらうことになります。
再計算をして源泉所得税を会社が税務署に納付するとともに、会社は本人からその分の所得税を徴収する、という甚だ面倒な事態となります。
昨今ですと、同居老親が老人ホームに入ったという場合、同居ではなくなって「異動」となり控除額が変わることもありますので、注意が必要です。

扶養控除等申告書への記載の内容については、令和4年12月31日の現況となりますが、実際には見込みで確認を行うことになります。

なお、例外として、扶養親族としていた人が亡くなった場合、死亡のときの現況における判定により、その年までは扶養に含めて計算することができます。
それから、16歳未満の扶養親族は、所得税・住⺠税ともに扶養控除の対象とはなりませんが、住⺠税では必要な事項となりますので、しっかり記入してもらいましょう。

扶養親族については、扶養親族って誰のこと?条件もあるの? の記事で詳しく紹介しています。

所得の見積額

扶養に入るには、その年の所得が48万円以下でなければならないのですが、大抵の場合、扶養控除等申告書には「給与収入額」が記入されます。
その一方、所得額を記入する人も稀にいるので、注意が必要です。
なお、扶養の判定額が「所得金額38万円」というのは、令和元年まででした。

関連記事
扶養親族って誰のこと?条件もあるの?
年末調整や確定申告が近づくと、「扶養に入れる」「入れない」といった話題が出てきます。 この扶養ですが、扶養家族という言葉は多くの方がご存知かと思います。では、扶…
zeirishi-naotake.com