事務所通信

2019年10月号

これは消費税8%? 10%? 税率の混在でレシート表記も注意が必要です

10月1日を迎え、消費税の改正がなされました。
軽減税率が導入され、はじめて複数税率となりましたが、皆様はどのようなことを感じられたでしょうか?
また、キャッシュレス還元はいかがでしょうか?

レシートには今まで以上に多くの情報が掲載され、各コンビニエンスストアで同じ物を買っても表記が異なっており、経理処理に必要な情報を、パッと見ただけではわかりそうにありません。
軽減税率(8%)適用商品と標準税率(10%)適用商品が混在している場合、レシートでは必要な金額が区分されて載っておらず、計算機を用いなければならないケースもあるようです。
さらに実態を情報収集して、ご案内いたします。

メニューに金額が一つしか掲載されていない場合はどうなの?

スターバックスコーヒーでは、「店内ですか?持ち帰りですか?」と聞かれ、その回答により利用者の支払額は異なります。

いずれを回答しても、その支払額はメニューにある金額とは異なり、わかりにくいのですが、これは税抜本体価格が掲載されているからで、利用者が軽減税率8%あるいは標準税率10%をそのまま負担するため、事業者の本体価格(=売上)は変わらないことになります。

一方、すき家では、「店内ですか?持ち帰りですか?」と同様に聞かれますが、利用者の支払額はメニューにある金額の通りとなります。

これは税込価格を同一にしているからで、その回答によって、事業者サイドで消費税と本体価格(=売上)が異なることになります。
この税抜価格の表示と税込同一価格の表示が店ごとに混在することになりましたが、今後これが、いずれか一つの表示に統一されていくのか、混在のまま続いていくのか気になるところです。

税率の判定はAIに任せる? AI軽減税率判定機の紹介

悩ましい軽減税率か標準税率かの判定ですが、「AI軽減税率判定機」というホームページを見つけました。

消費税・軽減税率情報Cafe


消費税・軽減税率情報Cafe

“個人的に簡易に判定する楽しみの一つとして利用して”とありますがなかなかのものです。
例えば、「種子」で検索をかけましたら、「菓子や青果用は8%」「栽培用は10%」と判定されました。固有名詞には対応していないとのことですが「スーパードライ」では「アルコールで10%」と認識していました。
しかし、「スーパーカブ」といえばバイクだと思いますが、検索しましたら「8%」との回答でしので、食べる“カブ”と認識したのかもしれません。

バックナンバー
事業所情報

〒411-0816 静岡県三島市梅名203-1
TEL:055-984-4888
FAX:055-977-0234

TKCへのリンク