事務所通信

2018年7月号

経営理念の浸透にクレドカードを活用しましょう!

鈴木尚剛税理士事務所のクレドプロジェクト

鈴木尚剛税理士事務所クレドカード

当事務所は経営理念の浸透を、クレドカードを用いて図っております。
経営理念の作り方はいろいろあるかと思いますが、当事務所はミッション(理念)、ビジョン(目標)、バリュー(行動指針)の3部構成 で作成しております。

経営理念を作成したものの「飾りとなって実効性のないもの」とならないように、当事務所ではこれらの作成を事務所スタッフに委ね、また、朝礼の際には唱和するとともに、「クレド的な」ショートスピーチの発表をくじ引きで行うなどして活用しています。

さらに現在、その内容の見直しをしております。特にバリュー項目は、時間の経過により、実現できて来たものや、古くなったもの、新たに入れるべきものなどが生じますので、プロジェクトチームを再び結成しました。
ちなみに、当事務所では、見直しのタイミングを忘れないように、4年に1度のサッカーワールドカップごととしています。

ここでは、クレドを構成する「ミッション」「ビジョン」「バリュー」について詳しく解説します。

ミッション

ミッションは、「我が社が、お客様を通じて社会に対してどのような貢献を果たすべく存在するのか」と考えて作っております。

当事務所の「中小企業の夢先案内人として、お客様の明るい未来の創造を支援します。
~将来のあるべき姿を見据え、ともに発展できるよう全力でご支援します〜 というミッションは、中小企業の継続・発展のお手伝いを「全力で」行うことが、我々のできる社会貢献と考えてのものです。

鈴木尚剛税理士事務所クレドカードのアップ

ビジョン

ビジョンは、組織が一丸となれるような「意欲的な目標値」 すなわち、ビジョンの達成度合いにより、ミッションの実現度合いを測ることができるマイルストーンとして、皆で共有できるものとして考えて作っております。

バリュー

バリューは、ミッション実現のために特に意識して実践していきたい「行動の指針」 として、10から20個の範囲内で定めるものとして作りました。

現在、当事務所のバリューは、付番なしの「クレド宣言」から13番の「ワークライフバランス」まで、計14項目からなっています。
いずれの項目も始まりが、「私たちは、」からとなっており、共有されるべきものとして一人一人が仕事に携わる際に意識されていると思います。

例えば、「感謝~ありがとう~」というバリュー項目(指針)があるのですが、お客様とのありがたいご縁が続いていることや有形無形の仲間からのフォローなど、いつの間にか意識されにくくなった、あるいは、当然と考えてしまいがちなものを、「ありがたいこと」であると改めて意識しなおし、気持ちを新たに接することができるものと思っております。


鈴木尚剛税理士事務所のクレドについて、詳しくは「クレド」のページをご覧ください。

バックナンバー
事業所情報

〒411-0816 静岡県三島市梅名203-1
TEL:055-984-4888
FAX:055-977-0234

TKCへのリンク