事務所通信

2017年8月号

うどん県に行ってきました!

「名物に美味いものなし」誰がそんなこと言ったのでしょうか?概ね美味い物ばかりだと思います。
先日、香川県に行き、レンタカーでうどん屋さんめぐりをしました。事前にインターネットで調べた「超有名店・王道コース」に挑戦。平日の午前中にもかかわらず、地元の方も観光客も入れ代わり立ち代わりで、どの店も大繁盛。さすが「うどん県」です。
「どこが一番美味かった?」と聞かれれば「1軒目が美味かった」という回答です。「なんていうお店?」と聞かれても、どこも美味しかったのですが、2時間で4件のうどん屋さんめぐりでしたので、「お腹が減って行った最初の店が一番美味かった」です。
「空腹に勝る調味料なし」

モニタリング情報サービス

決算書等を税務署に「電子申告」により提出できるようになって久しいですが、金融機関へもインターネット経由で決算書等を提供することが可能となりました。
今までのように、自ら金融機関に出向くか行員さんに来てもらって、コピーを渡すかコピーしてもらうために貸し付ける、ということが不要となります。
また、決算後事務所から関与先様へお渡しするタイミングが合わなかったところ、催促のお電話をいただいてあわてて対応する、ということも無くなるかと思います。
さらに、自らコンピュータ入力をされているお客様に限られますが、月次の試算表も毎月、四半期毎、あるいは半期毎に、自動的に金融機関に提供することが可能となります。
ただし、あくまでもこれは決算書や試算表が金融機関にただ渡っただけですので、是非とも社長さんから金融機関の方には、随時、事業の振り返りや今後の見通し等ご説明いただき、共有いただきたいと思います。

所得拡大推進税制

簡単に言いますと、従業員さんの給与を増やして、一定の要件を満たしたら、法人税を控除しますというものです。


  • 要件① 平成24年度の給与に比べ、対象となる年度の給与の額が一定割合増えていること
  • 要件② 前事業年度より、対象とする事業年度の給与支給額が増えていること
  • 要件③ 継続雇用者一人あたりの給与が、前年よりも増えていること

継続雇用者とは誰か、決算月が会社によって違うが平成24年度とはいつか、入退社があった者の扱いはどうか等々細かい点はもちろんあり、各人の金額を月々で振り返っていただくので、手間ではありますが、これら要件を満たす場合、その増えた金額の10%に相当する法人税額を控除できます。
もちろん、法人税等の納税の無い年度は適用となりません。
当事務所にお問い合わせいただくか、下記の経済産業省のHPよりご確認ください。

▶︎ 所得拡大促進税制の効果測定等に関する調査へのご協力のお願い | 経済産業省

鈴木尚剛税理士事務所へのお問い合わせは下記の電話番号まで

TEL:055-984-4888

バックナンバー
事業所情報

〒411-0816 静岡県三島市梅名203-1
TEL:055-984-4888
FAX:055-977-0234

TKCへのリンク