• 中小企業の夢先案内人として、明るい未来の創造を支援します
  • 100社の黒字と10社の非営利団体支援で地域1番
  • 私たちはクレドを尊重し、実践することで、お客様・関係者・地域社会に貢献できることを信じます
  • 業務案内
  • 会社概要
  • クレド宣言
  • 新設法人様向けサポート
掲載記事一覧
インデックス001

ふれあい広場は、鈴木尚剛税理士事務所とお客様、全ての人との交流の場です。
当事務所スタッフのメッセージからお客様の紹介の記事まで、この広場はどこまでも広がる自由な場として展開していきたいと思います。

お客様紹介【008】まちの薬局塚本店 様

続きはこちらから
トーセイコーポレーション

お客様紹介【007】

株式会社トーセイコーポレーション様

2017.11

株式会社トーセイコーポレーション様は、平成4年に設立された警備会社様。
今回は、代表取締役である杉山 明宏 様にお話を伺いました。

有限会社ウエダ様施工例

お客様紹介【006】

有限会社ウエダ 様

2017.09

有限会社ウエダ様は、駿東郡清水町にある内装リフォームの会社です。
壁紙・床・天井の施工例の紹介、鈴木尚剛税理士事務所で施工していただいたロール状のホワイトボードを紹介します。

扶養親族とは?

ふれあいニュース【009】

扶養親族って誰?条件はあるの?

2016.11

年末調整や確定申告が近づくと「扶養に入れる」「入れない」という話題が出ます。扶養家族は聞いたことがあると思いますが、扶養親族はご存知ですか?
扶養親族とは誰なのかをまとめました。

管轄税務署の調べ方 確定申告はどこに出すの?

ふれあいニュース【008】

確定申告はどこに出すの?

2016.10

確定申告は「納税地」を管轄する税務署に提出します。
納税地は法人か個人かによって異なります。法人・個人の違い、静岡県内の税務署を紹介します。

鈴木尚剛税理士事務所ブログ

日々の業務での雑記など掲載している鈴木尚剛税理士事務所のブログです。
税務、会計に関する情報も公開しています。

鈴木尚剛税理士事務所ブログへ
バックナンバー

※誤りのないように注意しておりますが、分かりやすさとA4用紙1枚程度のボリュームを優先させております。具体的な事例や詳細は別途ご確認ください。

2019年8月号

ロボット・AIがサービスを提供する時代 会計業務もAI化の流れ

今年は毎月、事務所でセミナー(勉強会)を開催しています。
やってみてわかることは、“税金の話は退屈である”ということです。
7月も「身近な税金入門」と銘打って開催をしましたが、内容上、ワークを取り込みにくく、どうしても一方的な制度の説明が中心になってしまいかねない。
そこで今回は、せめて参加者の方に関係しそうな様々な税金の事例・問題点の解説をすることとしました。

池上彰さんのようなわかりやすい説明と感じてもらえればよかったのですが、どうだったでしょうか?

予定納税

これが結構悩ましい。
前期の年税額(一年分)の2分の1を前もって収めるというもので、確定申告時に一度に納税負担が出ないようにと言うものですが、業績の増減が大きい場合には、十分ではありません。
前期が良くて当期が悪いと、予定納税の負担がきつくなりますし、前期が悪くて当期が良いと、予定納税の効果が弱まるからです。
消費税などは年に3回の中間納税もあるのですが、同様に大きく過不足が生じることがあります

AI会計の時代へ

会計・経理の業務では、パソコン会計がかなり普及しておりますが、パソコン会計の利点の一つとして「転記」が要らず、ミスを減らすことができる点にあります。
また、取引の入力をパターン登録しておくと、次回以降の入力が楽になり、また、その入力内容が前回以前とブレることが無くなるので、検索も容易になります。

しかし、これはもう古い、当然の話です。
今では、預金のインターネットバンキングのデータを直接パソコンの会計システムで取り込んで、会計処理をする時代。
一度学習させると、翌月以降はパソコンが「先月はこんな入力をしてましたけど、今月もこんな感じでよろしいですか」と画面上で聞いてくるような次第です。

そしてこれからは、領収書の写真を撮ると、会計処理をAIが推測する時代へ。
事業者自らがパソコンで会計処理を行う“自計化”から、すべてがコンピュータで行われる“自動化”に向かっております。

これからも、会計業界の行く先をウォッチし、また、可及的速やかに取り入れていきたいと思います。

これもロボット、AI化の流れ?

株主総会

先日、東京に出張した際に泊まった「変なホテル」のフロント受付は、イケメン?の恐竜くん2体でした。
HISグループが運営する「変なホテル」の受付は、この恐竜型、あるいは人型のロボットだそうです。
最新のテクノロジーを用いて、人材不足を回避といったところでしょうか?

将来的にはロボットやAIが受付をするのが当たり前になるかもしれませんね。

バックナンバー

2019年8月号

土地の財産評価を決める「地積」とは?

地積と地籍の違い

「ちせき」と入力すると、「地積」と「地籍」が変換の候補に出てきました。

「地積」とは『土地の面積』のことです。
では、もう一方の「地籍」はご存知ですか?

地籍とは、『土地の情報・記録』すなわち、“土地の戸籍”とのことです。
一筆ごとの土地の所有者、境界、面積などについて、昭和26年から今現在も、自治体により、「地籍調査」が実施されているそうです。

国土交通省の地籍調査WEBサイト に詳しい説明があります。
各自治体の地籍調査の進捗状況や完了地域がわかって、大変興味深いです。

地積に関連する縄延びと縄縮み

相続税の財産評価では、土地の面積は「実際の地積」で評価することとなっています。
相続の際に土地のすべてについて「実際の地積」を測るというのは、時間も費用もかかってしまい、ナンセンスです。
測量図などがあれば、それを優先しますが、無い場合には、登記簿謄本に記載されている面積で計算をすることになります。

しかしながら、登記簿謄本に記載されている地積に違和感を感じた時、例えば、公図から推測される面積と乖離がある場合、あるいは建物の1階の床面積の方が大きい場合には、測量などの対応をとる必要が出てくるかと思われます。

実際の地積が登記簿の地積より大きいケースを「縄延び(なわのび)」と言い、逆に実際の地積が登記簿の地積より小さいケースを「縄縮み(なわちぢみ)」と言います。

“先祖代々”というような土地には、ときどきあるようです。

建物の評価

当事務所の土地の登記簿謄本です。
「③地積」の欄を見ますと、476.03平方メートルとあります。
そして、その下の行には490.40平方メートルとあり、「原因及びその日付」欄を見ますと、「③錯誤 国土調査による成果」とあります。
まさに、当事務所の土地が「縄延び」状態であって、地籍調査により、476.03平方メートルから490.40平方メートルに修正されたようです。

事業所情報

〒411-0816 静岡県三島市梅名203-1
TEL:055-984-4888
FAX:055-977-0234

TKCへのリンク